生理痛を緩和する方法とピル

生理痛はピルで緩和しましょう!

生理痛にピル通販

生理痛に悩んでませんか?

多くの女性が生理痛で悩みますが、みなさんはどうやって緩和していますか?

 

欧米では低用量ピルを服用して生理痛やPMSなど女性の定期的な悩みを緩和するのが一般的ですね。

 

日本でも最近では婦人科や個人輸入で低用量ピルを買って常用されている方が増えています。

 

それでは生理痛について詳しくお話しします。

 

女性にとって避けられない「生理痛」、男性には特に馴染みがないのではないかと思います。

 

また、当事者となる女性の中にも、生理痛の仕組みについてよくご存知ではない方も少なくありません。

 

なぜ、女性は生理周期に合わせて生理痛の痛みを感じることになるのでしょうか?

 

生理痛は、ちょっと難しく言うと「月経困難症」という言葉で表現されます。

 

その名の通り月経時に症状をもたらすものであり、その症状は時に日常生活に大きな支障をもたらす可能性もあります。

 

場合によっては救急車を呼んで病院へ行く必要があることもあります。

 

そもそも「生理痛=痛み」であるイメージは多くの方が共有していますが、その「痛みの種類」は人によって感じ方が異なります。

 

多くの場合は「下腹部の痛み」を訴えるのですが、人によっては腰痛や頭痛など、全く異なる部位の痛みを感じることがあります。

 

さらに言えば、生理痛は一般的には痛みとは言えないような症状を訴える方もいらっしゃいます。なぜ、このような症状が現れるのでしょうか。

 

生理痛は「プロスタグランジン」という物質が深く関わっています。

 

プロスタグランジンは、子宮を収縮させることによって子宮内膜が剥がれ落ちる時の経血を体の外に押し出すのを促すという働きがあります。

 

この「子宮の収縮」は基本的にプロスタグランジンの分泌量が多いほど収縮しやすいため、子宮が過剰に収縮することで下腹部の痛みを生じます。

 

さらに、プロスタグランジンは血管収縮作用や痛みを強めるという作用もあって、これによって腰痛や頭痛などの症状をもたらすのです。

 

また、血管収縮によって血行悪化が起きると、それによって冷えなどの症状などを引き起こすこともあります。

 

プロスタグランジンの分泌量は人によって異なります。また、同じ人でも関連する条件によって症状が異なります。

 

例えばストレスや肉体疲労が溜まっている状態が継続するとホルモンバランスが乱されて、生理痛の症状が悪化する可能性が高くなります。

 

時に、無意識に継続する生活習慣によって生理痛が悪化することも考えられます。

 

このような、プロスタグランジンの過剰分泌による生理痛は一般的に「機能性月経困難症」と呼ばれています。

 

生理痛にはもう一つの分類があり、これを「器質性月経困難症」と言います。

 

器質性月経困難症は、器質的な原因がある生理痛のことで、言い換えると「生理痛がひどい原因として、何らかの病気を患っている」というものです。

 

割合としては、機能性月経困難症のほうが多いです。

 

病気を原因とせず、体質的な問題であることが多いため、薬の服用や日常生活を見直すことで症状が改善することが多いです。

 

一方で器質性月経困難症は生理痛の中では少数派ではありますが、「子宮筋腫」などの子宮関係の病気を患っており、これを治療しない限り生理痛の症状が改善されることは少ないです。

 

医療機関では、問診や尿検査、血液検査で生理痛の症状やホルモンの状態について検査を行います。

 

その結果、器質性月経困難症であると診断された場合は、MRI検査やCT検査を行い、原因となっている病気を特定します。

 

生理痛の症状は、その原因となっている病気の有無、および生活習慣などの体質的な問題がある場合は、人よりも重い症状をもたらす可能性があります。

 

生理痛は時に、日常生活に支障を及ぼすだけでなく、場合によっては命にかかわるようなことも十分考えられます。

 

女性の場合、「ただの生理痛だ」と考え、これを治療・改善できるものであるという認識をもたないこともあります。

 

同様に、他人にとっても「たかが生理痛」と認識することが多いです。

 

決して生理痛を侮ること無く、医療機関の受診や薬の服用を考えるようにしましょう。

 

特に機能性月経困難症の場合、市販の医薬品を使用するだけでもそれなりの効果を期待できるケースが多いですが、やはり根本から改善するには低用量ピルなどホルモン剤でホルモンバランスを調整するのが効果的です。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらから確認ください>>

ピルは生理痛を緩和します

経口避妊薬として知られる「ピル」。

 

皆さんもよくご存知かと思いますが、ピルに対して「避妊防止のためにだけ服用する薬」と言う認識をお持ちではありませんか?

 

避妊薬としてのイメージが強いピルですが、実は子宮内膜症の予防や治療、更年期障害、卵巣嚢腫の治療など、婦人科の病気の治療や予防薬としても使用されているのです。

 

勿論、ピルの副効能の中には、生理痛の改善も含まれています。

 

ですが、ただピルを処方して貰い、服用すれば良いと言う訳ではありません。

 

生理痛改善やその他の婦人病に処方されるピルには種類があります。まずはピルの種類や効果をしっかり認識しておく事から始めましょう。

 

ピルには「低用量ピル」「中用量ピル」「高用量ピル」の3種類に分けられます。

 

避妊薬として知られているピルは、低用量ピルに分類されますが生理痛にもこの低用量ピルが有効です。

 

低用量と中用量、高用量ピルでは何が異なるのか、それはピルに含まれる「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンの量が多いか少ないかと言う事です。

 

そもそも女性の身体は「エストロゲン」と「プラゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる2種類のホルモンがバランス良く分泌される事で女性だけに起こる生理や妊娠などと言った女性の身体の変化を正常に行います。

 

女性にとって大切なホルモンバランスが崩れてしまうと言う事は、生理や妊娠などに影響を及ぼしてしまうのです。

 

実際、生理痛に悩む女性が、ピルを服用しているのか?実は日本人女性でピルを服用している方は少ないのです。

 

日本で低用量ピルが認可されたのは今から約20年近く前なのですが、ピルの普及率は数%ほどしか居らっしゃらないのが現状です。

 

それに比べ、海外では約1万人もの女性が生理痛の緩和や避妊目的で使用しています。

 

海外より日本でのピルの歴史がまだ浅い事とピルへの認識不足が普及率に影響しているようです。

 

しかし、ピルによる生理痛改善は様々な薬の中でも成果があり、安全性も高いと言われているのです。

 

ここからは低用量ピルの服用で、生理痛が改善される仕組みについてお話していきましょう。

 

生理痛の原因である「プロスタグランジン」。

 

子宮内膜中にあり、子宮を収縮させる事で体外へ経血を排出しているのですが、プロスタグランジンが増殖する事で生理痛が引き起こされています。

 

生理痛を改善するには、プロスタグランジンの増殖を阻止する必要があります。

 

ピルを服用すると、プロスタグランジンが増殖しないように調整し、働き掛け、生理痛を改善すると言う訳です。

 

そして、痛みのもう1つの原因である、ホルモンバランスの乱れに対しても、ピルは有効とされています。

 

ピルの服用により、乱れたホルモンバランスを安定させると言う働きもあるのです。

 

ただし、鎮痛剤のように、痛みを調整する効果はありません。

 

ピルは、痛みに直接働き掛けるのではなく、ホルモンバランスに対して働き掛けるものと認識しておいた方が良いでしょう。

 

ピルは、通常、産婦人科などの医療機関で処方されます。中には、健康保険適用外と思われている方も多いようです。

 

ピルが保険適用外の対象となるのは、避妊薬として処方して貰う場合で、生理痛に対しては保険適用内とされています。

 

ですが、生理痛にも症状の度合いによって適用内か適用外か、病院によって異なるケースもありますので、事前に病院へ問い合わせをしてから来院した方が間違いないです。

 

既に、ピルを利用されている方はご存知かと思いますが、病院で処方されるピルの価格は、若干高めで、薬代だけ(問診や診察などの費用を除く)で、1ヵ月あたり2,000〜3,000円が相場です。

 

これに検査代などが加算されると、ピルの購入は避妊目的、生理痛の緩和目的でも大きな出費になる事も考えられます。

 

ピルは、継続して服用する事で効果が出るため、飲んだり、飲まなかったりでは意味がありません。

 

長期服用されている方の中には、コストを削減し、長期的に服用するために、個人輸入されている方も居らっしゃいます。

 

個人輸入ですと処方箋が要りませんので、トリキュラーだと1年分で送料無料で7000円くらいです!

 

クリニックですとトリキュラー12シートに診断コストが3,4回かかりますので、4万円ほどになるんじゃないでしょうか。

 

ピルの病院での処方、個人輸入、どちらにしても、判断は実際に利用される方です。

 

用法用量の厳守、継続服用で、生理による不快感や苦痛をしっかり改善していきましょう。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらから確認ください>>

ピル以外で生理痛を和らげる方法

 

女性であれば誰もが「生理痛」の症状に悩まされるものです。

 

しかし、時として「悩む程度では済まないほどの症状」に苦しめられることもあります。

 

それほどではなかったとしても、定期的につらい症状に悩まされるのは決して良いことではありません。

 

そんなつらい生理痛の症状を、日常生活の中で少しでも和らげる方法について解説していきます。

 

一般的につらい生理痛を和らげるためには低用量ピルの服用が一般的ですね。

 

トリキュラー、ヤーズ、マーベロンなど低用量ピルは婦人科や個人輸入でも人気ですが、ピルの服用で生理痛を緩和する方法は後ほど説明します。

 

まずは「体(特に腹部や下半身)を温める」ということです。血行悪化による生理痛の症状を和らげることができます。

 

特に、気温の低い季節と高い季節(夏場はクーラーで体が冷えるから)は意識的に体を温めてください。

 

また、体を温めるだけでなく、締め付けの強い衣類を着用しないことも生理痛の緩和には重要です。

 

次に「適度な運動の習慣を身につける」ことです。

 

これには上記の「体を温める」ことに繋がるのと同時に、適度な運動による「ストレス発散」も生理痛改善に役立つことが理由です。

 

ストレスが溜まることで自律神経とホルモンバランスが乱され、生理痛の症状が悪化しやすくなります。

 

これを、適度な運動によって解消するのです。

 

運動はダイエットにも必要なことであり、女性にとって生理痛の緩和以外にも何かと良い効果をもたらしてくれます。

 

ただし、無理な運動は肉体疲労と精神的なストレスを重ねる事になりますので、自分のレベルに合った運動を心がけてください。

 

次は「リラックス」です。生理痛悪化の原因であるストレスの解消に効果的です。

 

代表的なものとしては「アロマ」や「ハーブティー」が挙げられます。

 

特にハーブティーはノンカフェインであり、カフェインによる体の冷えを回避することができますので生理痛には◎です!

 

逆に、カフェインや砂糖が多い飲料や食べ物は体を冷やしてしまいますので、生理痛が重い方はできるだけ避けるようにしてください。

 

次は「薬を利用する」ことです。

 

上記までと比較すると民間的な方法ではありませんが、これらの方法では改善できないほど生理痛の症状が重い場合は頼るのが一番です。

 

ドラッグストアなどで購入することができ、生理痛対策として名高い薬が多いので入手しやすいです。

 

ただし、薬によっては「相性」の問題があります。効き目が薄かったり、副作用に苦しめられる可能性もあります。

 

常備薬として市販薬を持っておくのも良いのですが、どうしても生理痛を確実に改善したい場合は婦人科で処方してもらってください。

 

副作用の少ない方法として「漢方薬」を利用するという方法もありますが、こちらも専門家の力を借りるのが一番です。

 

このように、生理痛を和らげる方法は数多くあります。

 

しかし、これらの対処法が有効なのは「機能性月経困難症」である場合です。

 

これとは逆の「器質性月経困難症」の場合、症状が改善しないばかりか、むしろ悪化してしまう可能性もあります。

 

器質性月経困難症は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気を原因として生理痛の症状が重くなっているパターンです。

 

機能性月経困難症は基礎疾患が無いので体質や生活習慣に問題があるのですが、そのため生活の中で十分対処ができるケースが多いのです。

 

基礎疾患がある器質性月経困難症の場合、原因となっている病気を日常生活の中で改善することが極めて難しいため、上記の方法では根本的な改善にならないのです。

 

それも踏まえた上で、重い生理痛に悩んでいる女性は「婦人科」を受診してください。

 

婦人科では、生理痛の悪化に関する病気の有無を検査し、病気でない場合は改善のための方法を模索することができます。

 

生理痛の詳しい原因がわからないことも珍しくありませんが、専門家の視点から見た最適な対処法を教えてもらうことができますし、最適な医薬品を処方してもらうこともできます。

 

「たかが生理痛で病院?」と思われる女性もいらっしゃいますが、病気であれば専門の治療が必要ですし、そうでない場合でも確実な対処法を知るためにも婦人科医の助力は欠かせません。

生理痛の原因

女性であれば誰もが「生理痛」に悩まされるものです。

 

「生理」と名がつくからには女性特有の症状であることは納得できますが、なぜ生理痛は起こるのでしょうか?

 

これを理解することで、生理痛を完全に解消することはできなくても、その症状を和らげることができる可能性はあります。

 

特に、生理痛の症状が激しいという方はよく読んでしっかりと理解してください。

 

生理痛の基本的な原因は「プロスタグランジン」という物質にあります。

 

これは、生理中に分泌されるホルモンの一種なのですが、これには「子宮を収縮させる」という役割があります。

 

なぜ、子宮を収縮させるホルモンが必要なのかと言えば、不要になって剥がれた子宮内膜を、子宮の外にスムーズに排出するためです。

 

要するに、経血を体の外に押し出して排出するために、プロスタグランジンによって子宮を収縮させているのです。

 

それが原因で、生理痛として下腹部の痛みを訴える女性が多いのです。

 

生理痛を「神経痛」だと考えている女性も少なくありませんが、実のところは子宮収縮による内臓痛だったのです。

 

プロスタグランジンは、多く分泌されるほど子宮を収縮させる程度が大きくなります。

 

例えば「子宮が未熟」である場合は、経血を排出する出口である子宮口の周辺も狭くて硬いため、多くのプロスタグランジンを分泌しないと経血の排出がスムーズに行われません。

 

この状況に関しては、年齢に伴って子宮が発達することで次第に安定していきます。

 

さらに、プロスタグランジンによる症状は子宮の収縮による下腹部痛としての生理痛だけではありません。

 

生理痛にお悩みの女性の中には「頭痛」や「腰痛」などの症状を訴える方もいらっしゃいますが、これはプロスタグランジンの持つ血管収縮作用によるものと思われます。

 

プロスタグランジンの血管収縮作用は、血行を悪化させることが原因となり「冷え」の症状をもたらす可能性が高いです。

 

慢性的な冷え性にお悩みの方は、特に生理痛による冷えの影響を受けやすくなります。

 

冷えの他にも、血行が悪くなることで引き起こされたり悪化する病気・症状にも悪影響となります。

 

生理痛を悪化させる原因は、日常生活の中に潜んでいる可能性があります。

 

例えば「喫煙」です。喫煙は血行を悪化させる原因として知られていますが、それにより生理痛を悪化させます。

 

また、日常的にストレスを溜めている人は、自律神経のバランスが乱されてしまい、ホルモンバランスが乱れて生理痛を悪化させてしまいます。

 

このような要因を抱えている女性の場合、そうでない女性と比較して生理痛の症状が重く出やすくなります。

 

逆にそうした要因を抱えておらず、プロスタグランジンの分泌量がそこまで多くない女性の場合は生理痛の症状をほとんど自覚しないというケースもあります。

 

同じ女性でも、生理痛の症状の重さに違いがあるのはこうした要因が関係している可能性が高いです。

 

また、プロスタグランジンの分泌量が多いこととは関係ない、重い生理痛も考えられます。

 

通常、生理痛が重いことを「機能性月経困難症」と言いますが、これとは別に「器質性月経困難症」という名前があります。

 

これは、生理痛が重くなっている原因が「何らかの病気」である場合です。

 

原因となる主な病気としては「子宮筋腫」「子宮内膜症」「子宮がん」が挙げられます。

 

原因となる病気が存在しない機能性月経困難症とは異なり、きちんと治療しないと生理痛の症状が軽減することは難しいです。

 

病気を原因とする器質性月経困難症は、医療機関での治療を必要とします。

 

しかし、基礎疾患が存在しない機能性月経困難症の場合、生活習慣を改善したり、女性ホルモンに関係する薬を服用することで改善できる可能性もあります。

 

ですが、そのためには「生理痛を悪化させている原因は何か?」ということをきちんと特定する必要があります。

 

生理痛の重さにお悩みの方は、まずは婦人科を受診して原因を特定してください。

 

婦人科で生理痛の緩和と言えばまず低用量ピルが検討されます。

 

もちろん皆がピルを服用すべきではないですし、タバコをたくさんする女性は低用量ピルは処方されない可能性が高いでしょう。

 

そうでない女性であればトリキュラー、マーベロンなど低用量ピルで生理痛を緩和するのは自然なことです。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらから確認ください>>

生理の仕組み

毎月1回、女性の身体にのみ起こる特有の生理的現象である生理。

 

女性にとっては生理痛や不快感など憂鬱さを感じる期間ですよね。

 

厄介もののように思われる生理ですが、生理は女性の身体にとって、なくてはならないものなのです。

 

生理がなぜ必要なのか、生理によって、女性の身体にどのような変化が起きているのか、生理の仕組みを深く知る事で、今まで憂鬱でしかなかった生理に対する見方が変わるかもしれません。

 

一般的に私達は「生理」と呼んでいますが、医学的名称は「月経」と言います。

 

初めての生理(初潮)は、12〜13歳頃が平均的年齢で、妊娠や出産の準備のための身体作り、その他にも体調管理のために生理があるのです。

 

生理には「生理周期」と言うサイクルがあります。生理周期には個人差がありますが、平均的に28日を1サイクルとして、生理が訪れています。

 

「生理周期」は「増殖期(卵胞期)」「排卵期」「分泌期(黄体期)」「月経期」と言う4つの期間で成り立っている事をご存知でしたか?

 

生理が始まり終了し、次の生理が始まる前日までの期間、この4つの周期が繰り返されているのです。

 

それぞれの期間、身体の中ではどのような変化が起こっているのか、詳しく見ていきましょう。

 

「月経期」とは、その名の通り、生理期間中の事です。

 

妊娠していなければ、子宮の内側を覆う「子宮内膜」が剥がれ落ち、体外へ血液として排出されます。

 

月経期は平均3〜7日間が、一般的とされています。生理が終わると、子宮内では排卵のための準備が始まります。

 

生命の卵である「卵子」を成長させるため、子宮内膜は厚みを増し、妊娠しやすい身体を作る準備期間が始まります。

 

この期間を「増殖期(卵胞期)」と言い、平均6〜7日間程続きます。

 

増殖期(卵胞期)で準備が完了すると、「排卵期」へ移行します。

 

女性の妊娠、出産に大きく関係する臓器である「卵巣」の中には「卵胞」と呼ばれる袋状のものがあり、卵胞の中には卵子が入っています。

 

「排卵期」は、増殖期(卵胞期)で成長した卵子が卵巣から排出される期間であり、これが一般的に呼ばれる「排卵」と言うものと言う訳です。

 

排卵期は約5日間程で、1番妊娠しやすい身体になっている時期でもあります。

 

排卵が終わると、約14日間程の「分泌期(黄体期)」になります。

 

ちょうど次の生理前の時期と考えて頂ければ良いでしょう。

 

分泌期(黄体期)は、妊娠を望んでいる女性にとっては、最も大切な時期とも言われています。

 

排卵後、卵胞は「黄体」と言う組織へと変化し、次の生理にかけて「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と言う女性ホルモンが分泌されるようになります。

 

プロゲステロンは、妊娠をサポートするホルモンとも呼ばれ、排卵期に受精していれば、受精卵が子宮内膜へ着床しやすいように、子宮内膜を良い状態にしようとします。

 

妊娠していなければ、約14日間の「分泌期(黄体期)」継続後、生理直前に分泌期(黄体期)が終わり、再び「月経期」となる訳です。

 

生理の周期を知る事は、妊娠などだけではありません。「閉経」や「更年期」などの目安にもなるのです。

 

40代前後から、今までの生理の周期に変化が現れます。

 

一般的に40代前半に周期が短くなる女性が多く、40代後半になると周期が徐々に長くなってきます。

 

前回の生理から1年以上、生理が訪れなくなると「閉経」となります。

 

更年期に関しても、生理の周期は大きく関係しています。

 

生理の周期前半は、精神的に不安定になりがちですが、卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌される事で、不安定な精神状態を安定させてくれます。

 

しかし、更年期と呼ばれる時期になると、卵巣機能の低下と共に、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量も減少傾向となります。

 

更年期障害に関する情報はこちらをお読みください>>

 

ホルモンの分泌量のバランス調整が上手くいかず、生理の周期が乱れてしまうのです。

 

生理の周期をしっかり認識しておくと言う事は、様々な女性の身体の変化の大きな基準となります。

 

生理の仕組みでもある、自分の生理の周期などを把握しておけば、妊娠や婦人科の病気の早期発見にも繋がります。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらから確認ください>>

生理痛にピル通販
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ